« アフィリエイトのテスト用日記(任天堂スイッチ関連) | トップページ | お勧めのお酒(の組合せ) »

2018/05/20

任天堂スイッチ(Nintendo Switch)とぷよぷよテトリスSのレビュー

前回のBlogで報告どおり、任天堂スイッチ本体およびぷよぷよテトリスSを購入した。


他に必要そうなものは前回Blogにまとめているので、それを参考にして欲しい。

スイッチ本体の感想は以下。
・スイッチには説明書がない。
 そのため説明を見るにはいちいちネットで見る必要がある。
 そしてその説明がわかり難い。
 よくわからず、コントローラーの黒い金具を引き剥がしそうになった。
・コントローラー部の振動が実にきめ細やか。
 ただの振動ではなく、微妙なニュアンスを感じる。
 コントローラー部分の感触を楽しむために12スイッチの購入を検討中。

・スイッチ自体もネットに繋がることを前提にしている。
 (↑ウチでは無線LANだが、有線でも行けるかも?)
 ソフトウェアもネットで更新が前提。
 買う前にネット環境を確かめよう。
・ソフトウェアがいちいち高い。
 従来のものの5割増しの印象。
 例えば私が買ったぷよぷよテトリスも他のプラットフォームだと、3100円程度。
 スイッチ版は4600円程度。
・ハードウェアの追加ラインナップも充実しているが、その分恐ろしく高く付きそう。
 例えばコントローラの充電グリップや充電スタンド、追加コントローラー等。


 使っていれば絶対に絶対に欲しくなる。
 それがお前ら(任天堂)のやり方か~っ!

ぷよぷよテトリスSの感想は以下。
・最初はただのぷよぷよとテトリスが1つのソフトウェアでできるものと思っていた。
 その感想通りで、ぷよぷよ同士、テトリス同士だけではなく、ぷよぷよvsテトリスももちろん可能。
 それはそのとおりでまあまあ面白い。
 テトリスは頑張ってもなかなかぷよぷよには勝てない。
・斬新なのはぷよテトmix
 ぷよぷよの泡とテトリスのブロックが同時に落ちてくる。
 ぷよぷよの泡はぷよぷよと同じルールで4つ以上がくっつくと割れる。
 またテトリスのブロックは1列並べないと消えない。
 ぷよぷよの泡はテトリスのブロックが乗ると消える。
 かなり複雑怪奇で、論理性を必要とされるゲームとなっていた。
 これはとても面白い。

またソフトウェアはハードウェアを買い増ししたら、追加レビューします。 (^^)
上記は個人の感想なので、一切責任を取りません。

|

« アフィリエイトのテスト用日記(任天堂スイッチ関連) | トップページ | お勧めのお酒(の組合せ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43080/66739491

この記事へのトラックバック一覧です: 任天堂スイッチ(Nintendo Switch)とぷよぷよテトリスSのレビュー:

« アフィリエイトのテスト用日記(任天堂スイッチ関連) | トップページ | お勧めのお酒(の組合せ) »