« 頭が痛い...。 | トップページ | マルウェアの脅威とそこからの回復。 »

2008/02/02

電子内容証明郵便。

頭痛と発熱に悩まされながら、文章は何とか法律の本とネットを見
ながら、事実関係と相手の不備、それに関する法律と契約解除につ
いて
何とか数時間掛けてワードで書いた。


これを三枚ずつ印刷して、郵便局に持って行くのが内容証明郵便
なる。
(↑三枚なのは相手の分と、自分の分と、郵便局の控えの分。
  郵便局がいちいち3枚の文字を見比べるので、結構時間が掛か
  る。
  ウチの家はいろいろ法律に頼ることが多かったので、この郵便
  はカーボン紙を使って、良く書かされた。
  ↑母が文を考え、私が代書する。)
内容証明郵便を出すのに、平日の昼間に会社を抜け出さなきゃなら
ないのは面倒だなと思い始めていた。

そして、投函代行サービスなど無いかと探していると、日本郵便
電子内容証明郵便サービスというものがあった。
家から内容証明郵便が出せるのは便利そうだと思い使ってみた。

しかし、なかなか使い勝手は悪い。
最大の欠点は、文章の余白の制限がうるさく、その上余白からはみ
出していてもアプリケーションから何の警告もないこと。
余白は下以外は1.5cm、下は7cm。

ここからはみ出していたがために、最初に作った文章はページの下
が切れていて、訳がわからない内容になっていた。
珍しく中身の確認をしていて、内容の不備に気づく。

その後何度もの確認の後に、ようやく電子内容証明郵便をドコモに
送った。
他に気に食わなかった点。
・送信先がマニュアル通りには表示されない。
 マニュアルはアドレス帳から選択して、送信先に追加後OKボタ
 ンを押すというものだが、OKボタンが見えない。
 (↑PCに慣れた私には何とかアプリケーションの枠を拡げると、
   ボタンが出現することに気づいたが、一般の方はわからない
   だろう。
   開発環境とのディスプレーの解像度の違いだろうか?)
・アプリケーションが送信イメージをTIFFファイルで作成する
 がその際によくダウンする。
・いつ送信しているか良くわからない。
 送ったと思い、送信確認をしてみると、何も送信されていない。
 その後、送信と思っていたのは文書制作終了で、別途送信作業を
 しなければいけないことに気づいた。

やはりお役所根性が抜けていない、駄目なソフトウェア開発だ。
とにかく分かり難い。

P.S.
あまり文句ばかり言っていては可哀想なので、良いと思った点も挙
げておこう。
・カードでの決済が可能。
 後納も選択できる。
・料金が明示される。
・値段が高くはない。
・自宅から送れる。

まあ、元お役人がこういうサービスを作ったことは褒めてあげよう。
悪くはないサービスだ。

P.S.^2
ネットで見つけた文例では、まず頭に「通知書」と書き、事実関係
を日時を加えて事細かに書き、相手の非などの争点を書き、「消費
者契約法第4条○項により契約解除できるので、契約解除する。」
と契約解除をすることを書き、あとは契約解除のためどうしたいか
を書けば良いようだ。
私の場合、USBケーブルを返して、そのお金を返金してもらうこ
とと、デジタル通話分の支払いはしないことの確認書を刻限を切っ
て返送してもらうことにした。
結果が出たら、また報告します。
リアルに頭が痛いな。

|

« 頭が痛い...。 | トップページ | マルウェアの脅威とそこからの回復。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43080/17933399

この記事へのトラックバック一覧です: 電子内容証明郵便。:

» ☆ほし のあ き 八 メ撮 り映 像!!☆ [☆ほし のあ き 八 メ撮 り映 像!!☆]
◇◆ほ しの あ き おクラ入りのえいぞうです!! 彼女のS e×映 像を入 手!!◇◆ [続きを読む]

受信: 2008/02/02 23:42

« 頭が痛い...。 | トップページ | マルウェアの脅威とそこからの回復。 »