« 米軍、もう要らない。 | トップページ | やっとわかった。 »

2008/02/14

ドコモとの話合い。

本日は会社を定時退社して、ドコモショップに行く。
NTTドコモの人と待ち合わせをして、例の高額請求に対しての話
合いの場を持った。
NTTドコモの人はなかなかに渋い男前が出てきた。
お客様相談室の部長級の人のようだ。
こちらの言い分は内容証明郵便で全て書いたつもりなので、今度は
NTTドコモの言い分と提案を話す番だ。

ドコモの言い分。
・私が契約解除の事由として挙げた消費者契約法4条2項の「故意
 に」ということはけっして認める訳にいかない。
 2 消費者は、事業者が消費者契約の締結について勧誘をするに
 際し、当該消費者に対してある重要事項又は当該重要事項に関連
 する事項について当該消費者の利益となる旨を告げ、かつ、当該
 重要事項について当該消費者の不利益となる事実(当該告知によ
 り当該事実が存在しないと消費者が通常考えるべきものに限る。
 )を故意に告げなかったことにより、当該事実が存在しないとの
 誤認をし、それによって当該消費者契約の申込み又はその承諾の
 意思表示をしたときは、これを取り消すことができる。ただし、
 当該事業者が当該消費者に対し当該事実を告げようとしたにもか
 かわらず、当該消費者がこれを拒んだときは、この限りでない。

・ドコモショップに事情聴取を行ったが、不適切な接客をしたとい
 う証拠は出てこなかった。
・すでに今月分のクレジットカード払いに請求してしまった。
 よって、返すとしても方法としては一部返金となる。
・消費者契約法を盾にしないなら、以下のような減額の提案ができ
 る。
 デジタル通信料の現在のタイプSSの30秒21円をタイプLL
 の30秒7.5円で計算する。
 すると5万円超の料金が2万円前後と3万円以上の割引となる。
 それで手を打たないか?
・だいたいPHSサービス終了前に何度もウィルコムへの変更や携
 帯のプラン変更の案内を出している。
 それなのになぜ変更しない?

それに対する私の反論。
・「故意に」はあまり重要ではなく、契約する際に必要な判断材料
 を出さなかったことに問題がある。
 こちらの事情は充分に説明したので、販売のプロならば当然説明
 する義務がある。
・証拠が無くとも、私の使い方がその証拠である。
 デジタル通話の可能性を知らなかったがため、このような使い方
 をしたのであって、知っていればこのような使い方をしなかった
 のは誰が見ても明らかだ。
・カードに請求させないための内容証明郵便だったが、こちらに説
 明無くそれをしたということは敵対姿勢であると判断する。
・減額措置はありがたいが、それでも受けたサービスが貧弱だった
 のに2万円の請求はあまりに高額だ。
 更なる減額を望む。
・非常に満足がいっていたPHSのサービスに対し、提案のサービ
 スはどれも不満が残る。
 携帯のプラン変更は機種変更を伴い、余分なお金が発生する。
 ウィルコムはドコモPHSに比べ、ウチのご近所でのサービスエ
 リアが貧弱。
 (↑そもそもウィルコムのショップってどこにあるの?)

結局平行線で時間切れで、話合いは決裂した。
(↑後に歯医者の予約を入れていて、時間一杯となった。)

P.S.
かなりむかついたのが「電車の駅に行って、そこらの人に聞いて新
幹線に乗ることを決めてしまったようなものだ。それなのに特急料
金は払わないといっているようなもの。乗る前になぜ駅員に聞いた
り、ダイヤを確認したりしない。」という言い草。
私は「違うでしょ?(怒)三宮に行きたくて電車の駅に行って、駅
員にしつこく聞いたのに、ちゃんと教えてくれず、むりやりのぞみ
に押し込まれて、東京までの料金を払えて言われているようなもの
だ。あんたんところの店員はそこらの人なのか?」とかなり怒って
しまった。
腹が立ったので、「データ通信に関しては、もう二度とドコモを使
うつもりは無い。Eモバイルと契約した。あんまりごちゃごちゃ言
うなら、携帯も解約することを視野に入れている。」と言うと、こ
れはかなり応えたようだ。
また、弁護士先生や生活消費者センターの人と親しい雰囲気を臭わ
すと、それも微妙に応えたよう。
弁護士先生は「普通の会社なら、この内容であれば会社としてはた
いした額ではないので返金に応じると思う。しかしながら、返金し
ない可能性もわずかながらある。ドコモなら無いとは思うが、悪質
な会社である場合はゴネまくる。特に多いのが言った言わない論に
なること。今回の場合は、言っていれば裁判官はこうした行動は取
らないだろうと客観的に判断できる。ドコモがゴネたりケチったり
するとしたら、それは全国で同じような争いが発生している場合。
または、発生すると予想される場合。その場合は、集団訴訟か個別
の少額訴訟かどちらも有効。まあ、頑張って下さい。」と言ってい
た。
楽しみだ。
馬鹿は怒らせると怖いのだ。
来週あたり消費者センターへ駆け込みーの、総務省に訴えーの、少
額訴訟の訴状を作りーの、とかなり忙しい状態になりそうだ。

P.S.^2
今日は正直物凄く疲れた。
おまけに変なぎっくり腰になるし。
うっ、動けない...。

|

« 米軍、もう要らない。 | トップページ | やっとわかった。 »

コメント

がんばれ~!!

それにしても、よい弁護士さんに当たりましたね。
超ラッキーだったと思います。
なかなか当たらないんですよ!

投稿: ちかおばちゃん | 2008/02/15 11:55

応援ありがとうございます。
「ちかおばちゃん」は会社の元先輩で、山和辞典の作者の人です。
Blogもされています。
http://chikaova.blog123.fc2.com/
あぁ、コメント感動だ。

投稿: ごろー | 2008/02/15 21:58

Ferrari Acer 4002のHDD交換の記事を見て来ました。非常に役に立ちました。ありがとうございました

ところで、今回のドコモの件ですが

「消費者契約の締結」という要件に該当するのかなかなか難しいです。

これまでドコモのPHSを使っていてその契約が今年の1月で一方的に解除されたと見るのか、あるいは、ドコモ側と契約は更新されていて契約の更改があったと見るかで違ってきそうです。
おそらく法律相談の弁護士さんは前者と見たんでしょう。

ただ、
「ドコモに契約変更の相談に行ったのだが、現在のサービスはパケ放
題で月途中での契約変更ができないと言う。
パケ放題は携帯電話のパケット通信はやり放題なのだが、PCのデ
ータ通信はパケットに応じて課金される。
(↑そのパケット代金は通常料金よりは割引がある。)

相談の結果、とりあえず今回の出張の3日間ならPC利用でもたい
してパケット料金がかからないと思われるので、パケ放題のプラン
をそのまま続けることにした。
そこで様子を見て、翌月以降の契約を見直そうと考えた」
というゴローさんの説明は後者ですよね。

どちらかというと錯誤のケースのような気がしました。

もう一つ、少額訴訟は60万円以下の「金銭の支払いの請求」を目的とする訴えについて適用があるので(民事訴訟法368条)、今回のように取り消して無効とする場合にはあまり有効適切かどうかは微妙ですね。やるとすれば、契約無効を前提として更に60万円以下の損害賠償請求でしょうか。やるとすれば
被害者を何人か募って集団訴訟の方がインパクトはありますが。

示談がうまくいくといいのですが。

投稿: リディア | 2008/02/16 02:53

このBlogはほとんど役に立たない私の私的な日記なので、役に
立ったと言われると、とても嬉しいです。
ドコモの件は、正直な気持ちは「ドコモショップの販売員があまり
に課金に対して無知なのに、それで起きた客の高額請求の問題を客
だけに負わせて良いものか?」という私の純粋な怒りにあります。

どんなにお金をかけても、ドコモに非を認めさせて、向こうにもそ
れなりの痛みを感じさせたい。
今回の提案はそんなに向こうには痛みを感じさせていないと私は感
じてます。

例え、金額的に変わらなくとも、あるいは0やマイナスになったと
しても、痛みを感じて相手がごめんなさいと言うまでやる。
これが元いじめられっこから立ち直った私の人生哲学です。

投稿: ごろー | 2008/02/16 11:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43080/40124424

この記事へのトラックバック一覧です: ドコモとの話合い。:

« 米軍、もう要らない。 | トップページ | やっとわかった。 »