« ガストには愛が無いのか? | トップページ | 日本は核武装できない。 »

2006/10/31

高校の偽装卒業疑惑について。

今回の高校の履修不足問題について思う。
みな、すぐに良い加減に臭いものに蓋をしたがるが、それですませ
る問題では無い。

私の意見はこうだ。
・未履修生及び未履修卒業生は高校卒業とするべきでは無い。
 これは高校の偽装卒業だ。
 きちんと単位を取った卒業では無い。
 もちろん悪いのは高校で、現役高校生と卒業生は被害者だ。
 しかし、世界史などの必修課目を受講していないので、卒業資格
 を満たしていないからだ。
 もちろん非が無い被害者は救済するべきで、この状態でも「高校
 卒業程度」や「高校卒業同等」資格として、差別や区別しないこ
 とと法律を作るか、国が指導すれば良い。
・どうしても高校を卒業したい場合のために、救済措置を別途すれ
 ば良い。
 例えば、国が認定試験をして、残課目を合格すれば、高校を卒業
 したとすれば良い。
 あるいは、どんなに日数や時間が掛かっても、高校に後から補修
 をさせれば良いのだ。
 それが国や県の教育委員会の責任であり、高校の責任だろう。
 お金は彼等に負担させれば良い。

 良い加減なレポートの提出などでお茶を濁して、正しい教育を受
 ける権利を侵害してはならない。
・警察と教育委員会で徹底的に調査して、高校の責任者を燻り出し
 て責任の所在をはっきりさせるべきだ。
 そして、今名乗り出なければ、逆に最低でも書類送検すると脅し
 てやれば良い。
 軽い気持ちでやったかもしれないが、やったことは公文書偽造だ。
 立派な犯罪行為だ。

 証拠も証言も山ほどあるし、充分立件できる。
 警察も今がチャンスなのになぁ。
この意見はいかがですか?

|

« ガストには愛が無いのか? | トップページ | 日本は核武装できない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43080/12497095

この記事へのトラックバック一覧です: 高校の偽装卒業疑惑について。:

« ガストには愛が無いのか? | トップページ | 日本は核武装できない。 »