« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/30

毎日...。

期末が3/31ゆえ、体がボロボロ...。
どのようにボロボロかと言うと、酷い筋肉痛なのだ。

ほとんどの部品が十数kg。
それが一まとめになり数十kgある塊もあり、それを上げたり下ろ
したり、組みたてたりバラしたり、調整したり...。
朝から晩までそんなことばっかり。

期末まで本当に体が持つだろうか...。
って言うか、これが本当に研究だろうか?

P.S.
しかし毎日体がムキムキしてくるなぁ。
中山きんにくんのように、「おいっ、俺の大胸筋っ!」と言える日
も近いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/25

上司の歓送会。

昨日は私の上司の歓送会だった。
私が入社した時は事業部ではすでに伝説の人となっていた人だった。
どんな伝説かというと、
「お前なんて全然チビだ。昔は○○さん(歓送会の人)っていう大
 きな人がいたんだ。」私も186cmあるんですが...。
「事務所の天井に頭が付くんだ。」
「トイレでしゃがんでも頭が上に出るんだよ。」
「大型計算機でマージャンをやるんだ。」
などなど。

明石に転勤となった時に、「Living legend」が私の
上司だと気が付いた時には、軽い衝撃と感激がありました。
(↑確かに大きな人ですが、上記の伝説は私の先輩のホラでした。)

歓送会というと、普通はみんなでカンパして、送られる人はただに
するもので、飲み会幹事の私もそのつもりで計算していました。
すると、会が始まる前にそっと私にお金を握らせて、「俺からカン
パだ。」と仰る。

せめて二次会では皆から徴収しようと思っていたが、その二次会も
帰る前にすでに勘定を済ませられていました。

せこい幹部社員が多い中、人間としても大きな方です。
男前で、昔はモテモテだったという話でした。

P.S.
会社では少しコワモテのイメージでしたが、お話を聞くと意外とマ
イホームパパだったのも驚きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリンルームの暗室にて。

昨日の話。
私の実験室はクリンルーム内の暗室で重いものを上げたり下ろした
りの作業をして一段落が着いたところで、少し休憩をしていた。
本当にボーっとしながらインターネットのHPを見ていたところ、
暗室の暗幕の隙間で目が光っているのが見えてびっくり。
隣の課長さんだった。
別にやましいページを見ていた訳ではないので、すぐに落ち着いて
対応した。
(↑日経BPの疲労と健康に関するページだったと思う。)

課長さんは相談事があったが、実験中危険の札が下がっていたので、
暗室の前で思案中だったと言う。
相談事は私が製作中の測定機で、そこの作っているサンプルの測定
をお願いしたいというものだった。

私の製作中の測定器では、そのサンプルは測るのは難しいとお話を
聞いてわかった。
でも凄く疲れていたため、ろれつが回らない上どうもうまく説明で
きない。
(↑今なら少しうまく説明できるかな。 (^^)
  私の測定器が蟻を測る測定器。
  そのサンプルが象として、やはり蟻を測る測定器では象は測定
  できない。)
しどろもどろに説明したが、一応納得して頂いた(かな)。

お帰り頂きほっとしたところで、まずいことに気づく。
・クリンルーム内なのに凄く散らかっている。
 おまけに埃だらけ。
 ↑ちゃんと毎月曜日掃除はしているんです。
  その日は、さっき新部品を取り付けて、分解組み立てをしたば
  かりでその時に出た埃なんです。
  本当に。
・一般紙のマニュアルが何冊か広げてあった。
 一般紙はこすれると埃が出るため、クリンルームは一般紙禁止で
 クリンペーパという専用の紙のみ持ち込み可。
 一般紙を持ち込んでいるのがばれると、怒られる。
 ↑借り物の装置のマニュアルなんです。 (T_T)
  たった1週間のために千ページ以上のマニュアルはコピーはや
  ってられません。
やばいなぁ~。
変なところを見られてしまった...。

P.S.
時すでに遅しだが、とりあえず片付けて掃除した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/24

PSE法って良くわからないけど...。

PSE法って良くわからないけど、中古のPCなんかも入るの?
だとすると、いろいろ困るなぁ。

・ジャンクはどうなんだろう?
 結構、壊れたPCをくっつけて、2個1、3個1や良いところど
 りするのは好きなんだけど、できなくなると嫌だなぁ。
・古い計測機には古いPCが良くついている。
 そういうのは製造メーカがもう無くなっていて、PCだけ故障し
 ても対 応できないことが多い。
 そういう時でも中古市場からPCだけ買ってきて修理できるんだ
 けど。
 それもできなくなって、捨てるしかないの?
などなど。

中古市場は自己責任ってことで、そのままにしておいて欲しい。
ワンガリ・マータイさんに、「もったいない。」って怒られちゃう
よ。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

ライブドアの株価が不可解な動き。

ライブドアが急に来ました。
来てます。終値が117円。
ありえません。
私にとっての損益分岐点を超えました。
高くなるのは良いことですが、この動きは不可解です。

正直上がったり下がったりしながら、最後にがくっと下げて上場廃
止というのが私の描いた図面。

こんなに上げるのは想定外。
上位株主が買占め合戦しているではないかと想像しております。
本来10数%の宇野康秀USEN社長が2名も取締役を送り込むの
は費用対効果が良過ぎ。

大株主のお方、時間外取引に応じても良いですよ。

P.S.
やぱり、前場もやってくれなきゃ、うまく売買できない。

P.S.^2
売買の話は架空の話だと思って下さい。
そんな額で買える訳ないじゃないですか。
あと株ってリスキーだから、優良銘柄しか手を出さないほうが良い
ですよ。
だって、これが60円になっていたりしたら、もう最悪よ。
住宅ローン返さずにギャンブルやってるんだから、馬鹿としか言い
ようがないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/22

それにしても...。

それにしても、もうそろそろライブドアの株式取引を正常化して欲
しい。
信用取引はできなくとも良い。
時間は短くとも、午前も営業して欲しい今日この頃。

P.S.
理由は値段が戻って来て、そろそろ売り取引も考えたい。
前引けの値がわからないと、正直売りにくい。
凄い安値の時に、資金調達をしたにもかかわらず値段を微妙に外し
て買えなかった。
サラリーマン投機家にもチャンスが欲しい今日この頃。

まあ、もっとも東京証券取引所はまっとうな投資家の人しか相手に
していないようで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辛いのだ...。

光学実験が上手く行かず、辛いのだ...。

いろいろ理由はある。
・レーザ光線は見えないのだ。
 アニメなどではレーザ光線は丸見えだが、実際には火傷するほど
 の出力のでも全く見えない。
 当たり前の話だが、光は直進性が強く何かに当たらないと違う方
 向には行かない。
 つまり埃などがないとレーザ光線は見えないのだ。
 特に今の実験室は他の事情もあり、クリンルームで埃など全く無
 く光線は全く見えない。
・対象物が小さ過ぎ。
 サンプルが1mm以下の上、その上その中の決まった場所にスポ
 ットを落とさねばならない。
 スポットが数十μmなので、髪の毛(80μm)より小さい。
 おじさんになったせいかマジで全く見えないのだ。
・系が複雑過ぎる。
 何枚もレンズと使った測定系となっている。
 角度関係を修正しようとしても、複雑過ぎてもうわからない。
・系が複雑過ぎる(2)。
 角度3軸位置3軸でサンプル位置を制御しているが、角度を変
 えると、位置がズレ、位置を変えると角度がズレる
 もう訳わかりません。

もう辞めたいなぁと思っているが、皆が嫌で多分この実験の引き取
り手は無い今日この頃。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

がっちりマンデーを録画で見た。

経常利益率(62.4%)No.1企業として松井証券を紹介して
いた。
ユニークな入社試験などを紹介していたが、中でもショッキングだ
ったのは人事考課。
部下全員が上司を嫌いなら、その人は降格だそうだ。
好き嫌いでの判断でも、「人間の感性ってのを信用しろよ」と松井
道夫社長は仰る。
このルールなら、あの方は...。

P.S.
東京証券取引所に取って代わるのが、どうやら松井社長の夢のよう
だ。
それ以外にもお金のポータル的なことも考えているようだ。
確かにあの社長のもとなら1人当たり3億円の利益でもおかしくな
いが、2年ほど居れば気がおかしくなるかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/21

んな、あほな...。

王Japanの活躍を見てから、会社に出かけた私。
ところがIDカードがおかしくなったようで、実験室に入れない。

会社に来てすぐなのに、もう帰ろうとする私に同僚がどうしたのか
聞いてきた。
事情を説明すると、「今日はやらなくて良いって、神様の思し召し
ですよ。」と言ってくれた。
なるほど。
インシャアラー。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

王Japan、まさかの世界一に。

準決勝で自力での決勝進出が無くなり、一度は諦めかけた夢。
王Japan、WBC(ワールドベースボールクラシック)の決勝
宿敵キューバを倒し、世界一の栄冠に輝いた。

決勝戦でもひやひやの闘いで、エラーなどで8回時点で6対5に追
いすがられた時点では正直もう駄目かもと思っていた。

結果は10対6.
いや、えがった、えがった。

私が秀逸だと思ったプレー。
・9回の西岡のプッシュバント。
  力じゃなく、ああいう技を決められると、あとあとまで尾を引
  くんだよね。
・やはり9回の川崎の本塁突入とそれをジャッジした審判。
  キューバのキャッチャーが上手いブロックをして、川崎の本塁
  突入を阻止したかに見えた。
  うまい右手タッチで、本塁を掠め取っていた。
  球審も良く見ていたものだと思う。
・9回のイチローの本塁突入とキューバキャッチャーのブロック。
  キューバのキャッチャーの体の使い方が実に上手い。
  イチローも上手くブロックされて、本塁突入コースを防がれた
  が、這いずって執念の本塁タッチ。
  福留のヒットも綺麗だったね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/03/19

リアルアジアチャンピオンシップをキボンヌ。

WBC(ワールドベースボールクラシック)において、日本が韓国
を6対0で下して、決勝進出した。

本当におめでとうございます。

試合を見ていて感動したが、イマイチ割り切れなさも感じた。
だって、韓国にはWBCで2連敗しており、日本はアメリカがこけ
たことによるラッキーな準決勝進出。

これはパリーグで3位だったにもかかわらず、なぜか日本一になっ
てしまった某お菓子会社のプロ野球チームと似た感じだ。
負けた韓国の方がもっと納得いかないに違いない。

今OFFにでも、韓国と日本でリアルアジアチャンピオンシップを
やってもらえたら、結構盛りあがるのでは無いだろうか?

P.S.
韓国チームは餌を与えられるのが早過ぎたと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

先ず隗より始めよ。

アメリカのライス国務長官様が「日本のBSE対応は過剰」と仰る。
ほっほう。
では、ヨロメキ牛でTボーンステーキと脳味噌クリームコロッケを
作ってあげるから。
完食して、にっこりピースサインを出したら、日本国民は皆輸入再
開に賛成するぞ。

まずは怪しい牛肉を食ってみせろよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/18

WBC準決勝進出おめでとう。

WBC(ワールドベースボールクラシック)のお話。
「天網恢恢疎にして漏らさず」とは良く言ったものだ。
アメリカのインチキにより、1勝2敗と負け越した日本が何と準決
勝進出だ。

メキシコ戦でもあのボブ(デービットソン)が疑惑の審判を連発し
たが、結局メキシコが2対1でアメリカを下した。
普通に考えると、ありえないような結果だった。

国の総力を出せば、もちろんどこもアメリカに敵う訳が無い。
しかしながら、アメリカはドリームチームとは程遠く、日本も飛車
角抜き、ベストに近い韓国が最強なのは言うまでも無い。
メキシコもベストに近いメンバーを持ってきたので、アメリカに勝
っても全くおかしくなかったのだ。

次の韓国戦は正々堂々なんて言わず、ルールギリギリを使っても勝
つつもりでなければ、また一蹴されるのがオチであろう。
できれば隠し玉で、松井や城島まで使って欲しい。

P.S.
計算が無いメキシコの全力プレーは美しかった。
野球が好きな日本人は、いつまでも覚えていると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/03/17

いつもの奴。

ここのところ、近所の定食屋や居酒屋が閉まっている時刻の帰宅と
なっている。
そのためここのところ夕食はガストが多い。

いつも、「カレイの野菜あん掛け」のご飯大盛り、とろろ、サラダ
スープセットを頼んでいる。
「いつもの奴!」で注文を通すためには、あと何回通えば良いのだ
ろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

王様の耳はロバの耳。

気持ちが切れない様に愚痴っておこう。
あ~あ、期末にここまでできますなんて言わなきゃ良かった。
私の仕事の責任範囲はここからここまでですなんて言わなきゃ良か
った。

まあ、全ては自己責任ってことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇野康秀様、ありがとう。

やっとライブドアの身元引受人が現れた。
USEN社長の宇野康秀様がフジテレビ所有のライブドア株を買い
取るとともに、ライブドアとUSENの業務提携を発表した。

私は結構ライブドア株を買っていたため、ジリ貧で沈してしまうの
は最悪のシナリオだったが、USENとの業務提携なら願ったりか
なったりだ。

現在ライブドアは整理ポストに入っており、このままでは上場廃止
だが、私はキープしておくつもりだ。
もちろん再上場狙いである。

うっふっふっ...。
楽しみ楽しみ。

P.S.
しかし、宇野社長もちょうど足りないものを補う上手い買い物をし
たものだ。
取得金額金額95億円を個人で払えるとは凄いね。

P.S.^2
正直な話、小口の株主は上場廃止までに売った方が良いと思う。
株式発券に株主が費用を負担する約款になっているそうで、小口な
ら大赤字になってしまう可能性が高い。
もちろん今回の件に関してはライブドア側の犯罪絡みなので、費用
はライブドア負担の可能性もあるのだが、リスクは大きいことは理
解しておかねばならない。
私?
私は逆に買い増して、ぴったり割りきれる株数にしました。 (^^)」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/03/11

きっちり、休む。

本当は仕事が溜まっているので、土曜日といえども休んでいる事態
ではないのだが...。

正直、疲れが限界オーバー。
ここしばらく朝ちゃんと起きれないで、髭を剃る時間がなく髭ボウ
ボウだった。
仕事中も休み休み作業。
正直、集中して作業ができない。

本当は今日も仕事をしなければと思っていたが、どうしてもやる気
が出ず、休んじゃうことにした。
はたして明日やる気ができるかなぁ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/10

実験するのが怖いのだ。

グループ内での打合せ中に、実験の進め方について他の研究員から
クレームがつく。
どうしてこの順序なのか?どうしてこうしないのか?と。
ついに告白せねばならない時が来た。

実はこれからやろうとしている実験はかなりの危険が伴う。
正直怖いのだ。
絶対大丈夫な状態でないとやりたくないのだ。

経験者は私だけだからと実験役を押しつけられた時は、まさかこん
なスペックになっているとは思いもしていなかった。
怖くて夜も眠れない。

万が一制御を失敗して爆発しても大丈夫なように防爆壁は準備した
が、何もないと熊撃ちの散弾銃程度の威力はあるだろう。
跳弾ってこともあるし...。

P.S.
とは言え、約束した納期ってのもあるしね...。
あぁ、憂鬱だ...。

弾が当たらないところから非難するのは...。
ねェ...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/08

株式投資はどうするのが正しいのだろうか?

日曜日、税理士 兼 公認会計士の叔父と納税の打合せ。
叔父はお金の話が大好きで、税理士の仕事も趣味と実益を兼ねている。

その叔父が私との議論のネタに新聞の切り抜きを持って来た。
H18.2.26とメモが書いてあるので、その日付の日経新聞記
事なのだと思われる。

↓ここから切り抜き の一部 を引用
------------------------------
「株式投資の適性を診断する心理学テスト」
(Q1~Q3は省略)

先入観や思い込みを取り除けるか
Q4 a株(50万円で買い、時価100万円)とb株(200万
   円で買い、時価100万円)の2つを持っています。
   今、100万円が必要になったら、どちらを売りますか
   A a株 B b株

自分の運用ルールを守れるか
Q5 買値から30%上昇したら売ろうと考えてましたが、予想以
   上に上昇スピードが速ければ様子を見ますか
   A はい B いいえ

------------------------------
↑引用 ここまで。

他の設問もかなり独断と偏見がある設問だと思ったが、一応答えも
納得はできた。
Q4は私の考えは、「50万円で買った株はまた50万円に戻る可
能性があるから売れる間に売り。逆に200万円で買った株はまた
200万円に戻る可能性があるから、残し。」で、当然Aが正解と
思った。

Q5は未だに自分で正解がわからない。
10日平均などの株価の伸びの傾きが寝たら(つまりカーブの微分
値が0に近くなったら)、売りと考えている。
実は未だに売り時だけは、わからない。
上がる時はグーグルみたいに理屈抜きでどこまでも上がるような気
がしているのだ。

この切り抜きの正解は、
Q4 B。
Q5 B
が正解だそうだ。

うそーん?
そんなんで良いの?

P.S.
自分の買い方は、とにかく安くなった株を買い叩くこと。
PERやPBRなどから容易に分析可能で、これはそんなにおかし
くないと思う。
でも、未だに正しい売り時が分からない。

同じく叔父が持って来た別の切り抜き(H16.8.27日付入)
の経済観測と言う記事では、(これも多分日経新聞)
「まず名人ヤマタネの口癖は、『頭としっぽは、人にくれてやれ』
であった。」
とあったが、生れが貧乏人なので骨も残せません。 (T_T)
どうやったら、そんなお上品になることができるだろうか...。

わからないがゆえに、未だに信用できそうないくらか理論的な本を
今日も読み漁る。
(↑小飼弾様のBUBKAの連載も早く本にならないかな。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

良い加減疲れているのに...。(T_T)

昨夜遅くというより、今朝未明、時刻は不明だが、午前三時か四時
位、お腹がシクシク痛んで目が覚めた。

そして、トイレを流した途端、突然トイレが逆流。
それもタンクの水量以上と思われる量の水が、どんどんトイレから
溢れ出す。
どうして良いか分からず、しばらくおたけんでしまう。

慌てて着ている服や、タオルなどありったけの傍にある布で堰を作
ったが、結局トイレの小部屋から、他の部屋まで水が溢れた。

とりあえず、トイレのパコパコするあのゴムの道具で、詰まりは解
消。
その後、何も無くトイレも直った。
しかし、その後始末で朝までほとんど眠れない。

今日の昼間は本当に辛かった。
眠い...。

P.S.
しかし、あんなトイレの逆流はホラー映画くらいでしか見たことが
ない。
貴重な体験だったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/05

民主党は変わらねば。

ライブドア「送金指示メール」事件が世の中を騒がせている。
本来はああした失態がなぜ起こって、今後どうしたら起きないか
の総括、そして被害を受けた人への真摯な謝罪だろう。
間違いは誰にでもあるが、民主党は全て順序が違ったと思う。
野田国対委員長が辞任したが、辞めれば済む問題ではない。
また、起きてしまうかもしれないからだ。
私は民主党はまた同じような失敗をやると思う。

本来あるべき順序は
1.永田寿康衆院議員のあの爆弾発言はなぜ許可されたのか?
  そうしてしまった理由はなぜかの追求。
  永田議員からの事件の事情説明。
2.前原代表からの事件の経緯説明と今後の対策説明。
3.そして、自民党武部幹事長とその次男への真摯な謝罪。
ではないか?

これが普通のやり方でしょ?
ライブドアでもそうしていますが、何か?

P.S.
自民が駄目なのはわかっているが、その対抗馬があれでは情けなく
って涙が出ちゃう。
永田議員が東大工学部出身なのに、あの程度もわからない頭が弱い
人だったかと思うと...。
投票した人も恥ずかしくて、顔から火が出ているでしょうね。

もっと詳しく書きたいが、本日は税理士さんがいらっしゃるので、
忙しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/04

無料無線LAN。

先月末、スポンサー様への状況説明をしに行く。
今の実験状況が思わしくないが、それを言い訳しに行かねばならな
い。
それだけだと気が重く辛過ぎるので、そういう時は楽しいテーマを
他に見つける。

一つはなじみのラーメン屋さんに行く、もう一つは公衆無線LAN
スポットをプレーステーションポータブル(以下PSP)で使って
みるということだった。

残念ながらラーメン屋さんは潰れていて、回転すしになっていた。
結構はやっていたお店なのに、諸行無常を感じる。(T_T)

公衆無線LANスポットは当てがあり、武蔵中原駅前の東横インに
あるという情報を先に掴んでいたのだ。
実際やってみると、駅の下あたりまで電波は届いている。
ヤフーのページなどはちゃんと閲覧できるので、電車の時刻調べく
らいはできることがわかった。
(↑ノートPCを持ち歩かなくとも、無料でインターネットにつな
  がるのは朗報。)

更に家のロケーションフリーベースボードにつなぐトライをしたが、
「場所が見つからない。」と出て駄目だった。
東横インの外で、電波が弱かったせいだろうか。

これができると、旅先にいても関西の番組が見れることになる。
テレビっ子の私にはそれが楽しみだったのだが、残念。

またどこかで再トライしてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事一段落。

今日仕事が一段落したが、日曜日にお休みが取れるだけ。
期末である3月末までまだまだ地獄は続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私が前の職場を辞めた訳。(大震災の思ひ出)

’95年の1月のことだった。
私は長野工場に出張に出ていた。
どうも工場で使っている試験機と開発部門で使っている試験機の相
関が全く合わない。
それどころか、かなり工場の試験機がでたらめな値を吐き出してい
ることが大問題で調査に来ていたのだ。
(↑つまり不良品を量産することになってしまう。)

工場は3交替制で、私の調査に許されている時間は夜の10時から
朝の6時まで。(↑しかも休日だった。)
工場のラインを止めると何十億円もの損失が出るそうなので、それ
は仕方がない。
課長には、夜に仕事するから昼間は寝てて良いと言われていた。
(↑課長は技術的にも人間的にも尊敬できる人だった。
  今での年賀状のやり取りもある。)

ところが夜にデータを取得して、お昼までに一応纏めてメールで報
告し、ほんの仮眠を取ろうとすると部長から詳しい報告を求められ
る。
ちゃんとメールを読めばわかるように書いてあるのに、わかっても
らえない。
全く寝させてもらえないまま、夜は実験昼はまとめという生活を送
って3日目になった。

その時点で、データの異常の原因はおよそ解明できていた。
メールでも課長部長には概要は報告できていて、異常の原因は工場
の人が商社の人に教えられた試験機の使い方が間違っていたことで、
あとはマニュアル通りの正しいやり方をさせるように指導すれば終
わりだった。
(↑マニュアルは英語なので、現場の人は読まない。
  商社の人の説明の間違ったやり方を信じていた。)

3日目の朝に、地面に揺れを感じた。
早出の工場の人に「今、揺れましたよね。」と聞くと、「徹夜続き
でお疲れなんでしょう。」となだめられた。

実は神戸が震源のあの大震災の時だったのだ。
長野でも震度2だったらしい。
昼頃震源が神戸とわかり、実家の神戸に慌てて電話を掛ける。
しかし繋がらない。

そんな事態になっているところに、部長から詳しいデータの報告を
求められる。
「一応メールで報告したとおりです。実家がある神戸で震災があっ
たそうなんです。今は親の安否のほうが心配で、もうウチに帰りた
いのです。」と部長に泣きついたが、あくまでデータのまとめと詳
細な報告が優先と言う。

結局、何度データの説明しても納得しない部長をもう放っておいて、
夕方には神奈川県川崎市の自宅へ帰った。

そこが部長との亀裂の始まりで、一番の原因は結局その非人間的さ
に耐えられずに前の職場を去ることとなった。
(↑それ以外に、仕事のきつさや評価の低さもあったが。)

P.S.
当時は上記のように当たり前のように徹夜をしていた。
ある時から私の仕事に対する距離感が急に変わったので、多分周り
の人も理由がわからずびっくりしていたんじゃないかと思う。
今の職場はそういった意味では天国に等しく、今の残業も「しろ!
」とは命令されておらず、一応自主的な判断で行っている。
前の職場ではできなかった勉強もできるし。

ちなみにその部長は影で皆に「おつ」と呼ばれていた。
「おっさん」の「さん」の敬称ももったいないそうで。

P.S.^2
結局、親と連絡がついたのが震災から3日後。
向こうからもこちらに繋がらなかったようで。
私は心配なのですぐ行きたいと親に言ったが、親は一人増えるとそ
れだけ手間が増えるので来ないで欲しいと言われた。
親に当てにされない駄目な息子でした。

実家はほんの少し傾いたようだった。
家の補修費の1/3の負担を求められる。
結構その日暮らしの私には激痛の金額でした。

P.S.^3
上記は全て想像の世界の出来事(と思って下さい)。
今の仕事の状況で、ふと昔を思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事の見える化。

私の今の実験室はクリーンルームの奥で、更に暗室となっている。
当然上司や同僚も来にくいし、中で何をやっているのか気になるよ
うだ。
(↑暗室なのは意味があり、「危険なレーザを扱っていること。」
  と「外からの光が実験値を狂わせないこと。」の2つが大きな
  理由。
  当然実験中は開けてはいけない。
  が、興味本位で覗く人がいて困ってしまう。 (@_@;) )

そこで「仕事の見える化」をしてみた。
具体的には、実験時の例えば「前日と同じデータが出ることを確認
する」ような捨てデータや間違えて取ったようなデータでも、デー
タというデータを全てタイムスタンプ付きで残すようにしたのだ。

もちろんデータとデータの間、不審に長く開くこともあるが、一応
(3日以内くらいなら)全て説明可能な状態だ。
例えば、「トイレに行ってました。」とか「データをまとめてまし
た。」とか「他の仕事で外してました。」とか「データがおかしい
ので、実験条件を見直してました。」とか。

結構、「実は○○君が来たので、ちょっとだべってました。」とか
「目が疲れたので10分ほど外で休憩してました。」なんてことも
あるが、全て見えている分その程度の休憩は逆にお目こぼしされる。
休み時間にデータを採っていることもあるが、それもわかってもら
えるし。

実験にはなかなか説明し辛い「何でそんなに時間が掛かるの?」と
いうこともある。
例えば、治具にただ載っているサンプルの交換に実際は何分も掛か
っている。
治具とサンプルの間の平面が出過ぎていて、吸着してサンプルや治
具を壊さないように剥がすのが難しいのだが、これも見える化をす
ることでわかってもらえた。

P.S.
別に会社に来て遊んでいる人はいないが、人というのは見えないと
ころは気になるようだ。

P.S.^2
チョンボが多いのもバレバレになってしまったが、まあ、チョンボ
から発生する面白い結果もあるので、許してチョンマゲ。

P.S.^3
更に言うと。
こんな工夫をしなければならないのは、私がかなりメメントな人で
3日前くらいの記憶がほとんどないこと。
病気だと思い病院でも診てもらったが、ギリ正常な範囲だそうで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/03

子会社は辛いのぅ...。

この辺が説明の難しいところ...。
ウチの会社は研究子会社なので、親会社からお金を引っ張って来れ
なければ皆飢え死にしてしまう。
そこで自分で多少無理目の工程を引いて、スポンサーである親会社
の気を引くのだ。
(↑ここで悲しいことに、工程を引いたのも自分なのだ...。
  つまり失敗は全て私の責任に...。)
ところが研究ゆえに一所懸命やってもうまく行かないことがある。
今回はスポンサー様にお約束した工程が守れなくて、期末である3
月末に約束通りの成果を出せそうにない。
それでも何とか少しでもお金を出してもらえるところまで漕ぎ着け
なければならない。
自己責任でのギリギリの労働なのだ。

上司もけっして働け!とは言わない。
でも、働かないとチームの誰かがクビになる。
(↑正確には、クビとは言われない。
  でもお金がないので、他に行ってもらうということになる。
  ウチの会社でもお金があるところにはあるので。
  住宅ローンを抱えたまま、よその職場に行くことになると減収
  ですよね。)
この辺は「俺だけは大丈夫。」と高をくくって働かない人もいれば、
自分みたいに立場的に崖っぷちの人間は働かずにはいられない場合
もある。

親会社にいる時はこんなことは全く気づかなかった。

P.S.
でも、もう絶対親会社には戻らない。
前はロボットとして生きることを強制されたが、この職場なら人と
して死ねる気がする。

P.S.^2
コメント欄に書くつもりでしたが、長くなったので新たにエントリ
ーを作りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌BUBKAの株研究所(かぶらぼ)記事を読んで(6)

今回のは冒頭の小飼弾様のTシャツ姿にまず大爆笑。
黒地に白字で、背中に大きく「脂のってます」、表に小さく「今が
旬」。
奥様の見立てだそうだが、これは最高だ。(^^)
築地で売っているそうなので、是非買いに行こう。

内容は冒頭はライブドア事件で、事件の核心が「風説の流布」と「
粉飾決算」であること。
罪に関しては「よくわからないというのが正直なところ」だそうだ。

次が、日銀の量的緩和で株価が下がる理由。
このくだりはなるほど目から鱗!と思い、大変勉強になった。

株価が下がった今が買いのチャンスだそうで、私も大賛成。

そして今の狙い目はインドに投資している会社で、次号以降に松原
渓様が調べてくるようだ。
勉強の結果が楽しみ。

P.S.
今回の記事は小飼弾様がライブドア事件について語ったというのが
意義として大きい。
話題が旬だったせいか話も弾んでいる様子だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会社に監禁...。

仕事が予定通り進行していない。
土日も朝から深夜まで監禁状態だ。

さすがに体調が悪くなってきた。
具体的には眩暈がして立っていられない。

しばしばスイッチが切れて、意識が飛ぶ。
今日はもう駄目だと思い、夜7時半に帰ってしまった。

明日(すでに今日になっていた)は皆に怒られるんだろうなあ。

P.S.
不整脈がバシバシ出ているようで胸が辛い。
もう駄目ポ。

P.S.^2
以前9時5時のOLさんと付き合った時に、こういう生活をがある
ってことも全く理解して貰えなかったなぁ。
なまじ普通にちゃんと働いていた人なので、想像の範囲を超えてい
たようだ。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

何を考えているのやら...。

実験にどうしても必要だからということで、同僚にノートパソコン
を貸し出した。(以下パソコンはPC。)
借金や貯金関係の個人情報が満載されているので、私のメールやマ
イドキュメント部分は見ないでくれと約束してもらい、貸したのだ
が...。
(私のといっても私は単なる管理者・使用者で、所有者は会社。)

何とIEの履歴に政治系のBlogの閲覧などがぎっしり...。
(@_@;)

会社のLANは厳格に管理されており、各PCのホームページ閲覧
記録などは残っているのだ。(以下ホームページはHP。)
私が使っているPCで、仕事中そんなHPばかり見られていると会
社に思われると、クビになってしまうじゃないか...。
(T_T)
(↑私は小心者なので、言い訳がたたないHPは会社では絶対見な
  い。
  それでもGoogleなどのHP検索で、うっかり会社で禁止
  されている2chなどを見て青ざめてしまう。
  サイエンス系のマニアなチャネルもあるんですよね。)

その同僚は味方が少ない人なので、私はチームの一員としてなるべ
く敵にならないようにしていたのだが、こんなことをされると私で
も怒ってしまう。
人のPCだと思って好きに使って、私が困っても平気なのだろうか
...。
その神経を疑ってしまう。

P.S.
実験に必要な理由は会社のLANがこれまた厳格に管理されていて、
登録以外のPCがつながらないため。
緊急事態で登録が間に合わず、結局私のPCを貸したことが仇にな
った。

P.S.^2
私自身は気づいていないが、もしかして私も恨みでも買っているの
だろうか...。

P.S.^3
あくまで架空の人物への文句です。
本気にしないように。
会社のPCでBlogの閲覧を長々とやる人なんている訳無いじゃ
ないですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »