« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/23

妄言。

YOMIURI ONLINEによると、
東京証券取引所の西室泰三会長兼社長は21日の記者会見で、東証
マザーズ上場のライブドア株について、「ほとんどの株主は株を手
放したと聞いている。今、(株主として)残っているのは、投資家
という名前の投機家ではないか」と述べ、同社株の売買がわずかな
利ざや稼ぎを競う“マネーゲーム”化している現状を批判した。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20060221it15.htm?from=top

はあ?
マーケットの主が、お客様の行動にイチャモンをつけてくださって
いるわけですか?
普通の会社じゃありえませんな...。
既得権益に守られた会社の長って羨ましい。

すみませんなぁ、ライブドアの株主で。
でも利ざやを狙ったのでは無く、再上場益を狙った買いなんですけ
ど。

投機家と批判されて、とても傷つきました。 (T_T)
慰謝料下さい。

P.S.
今の値段だったら会社を解散しても充分プラスになるはずだ。
でも、もう買うお金が無い。
どうやって金策するかそれが問題だ。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2006/02/20

結局本日、有給休暇。


先週金曜日はスポンサーの部長様に技術説明。
土日も出勤と、本当に忙しい。
会社も休める状況ではなかった。

ところが会社のルールが変わり、遅刻を認めないという。
以前は遅刻しても有給休暇を取れば、遅刻の帳消しができた。
勤務しているのに休暇を取っていることが、労働基準局に咎められ
たらしく、今は打刻してしまうと会社は有給休暇は認めない。

上司と相談して、有給休暇を取って帰宅することにした。
会社の人事部門はアホだから、「遅刻はしないように。」というが、
このようにどうしようもなく遅刻してしまうことはある。

P.S.
久々に思わぬ休みを頂いた。
結構休養できた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

踏切は誰のもの?

本日、会社に遅刻してしまった。
原因はJRの踏切遮断機が10分以上も上がらなかったから。
(↑渋滞を見るともっと長い時間上がらなかったようだ。)
どうやら信号機の故障だったらしいのだが、ムカついたのは電車の
ノロノロ運転。

なぜ遮断機がずっと上がらないか周りを見渡すと、遠くから人が歩
く程度の速度で走る電車を発見。
そいつがやっと通り過ぎると、逆方向の電車が通るという要領で、
結局遮断機が上がらない。

電鉄会社は踏切を速やかにあげる義務はないのか?

オラはもう疲れただ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/16

百獣の王。

着たきり雀の私を哀れんで、親戚の叔母様がお仕立券付のワイシャ
ツの生地をくれた。

そして、先日仕立てのために久し振りに全身の採寸をすると、バス
トサイズとヒップサイズが110cmだった。
(↑残念ながらウェストは少しくびれていたので、三冠王は逃した。)

百獣の王物語。

P.S.
先日火曜日まで頭痛が酷く軽口を叩く余裕も元気も無かったが、今
日は絶好調。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/13

近況報告。

一応死んじゃあいませんよということで、近況報告。

最近。
実験値とシミュレーションとがどうやっても合わない。
実験に責任がある私にもさっぱりわからないので、もう煮詰まって
しまった。
スケジュールから遅れているので、何とかしないといけないが、も
うお手上げ状態。

研究子会社の社員の身としては、「できない。」なんて間違っても
言えない。
言った途端、研究チームは解散、そして関西での安住の生活は終焉
を向かえ、次の仕事は何になるかは神のみぞ知る。

ということで夜もよく眠れない生活を送っていた。

金曜日
半休を取って、免許の更新に行く。
ということはまた一歳おっさんになったということだ。

ウチに帰ってからも、仕事のことでグチグチ考え込んでいた。
そしてPSP用ゲームソフトの大戦略パーソナルを買っていたのを
思い出し、封を開けてやってみた。
思わずハマってしまい、ン十時間ご飯も食べずに、ゲームを続けて
しまう。

さすがに土曜日の夜、「これではいかん。」とゲームをやめて、や
はり飯も食べず就寝。

日曜日。
何か体調がおかしい。
とにかく頭痛が酷いのだ。
やる気が何もしない。

そして、月曜日。
頭痛が酷くて会社を休んだ。
駄目社員である。

頭痛だけでなく、くしゃみ鼻水があるので、風邪を引いたのかもし
れない。

P.S.
首が危ないのだが、名案がない今日この頃。
理屈通りなかなかいかないものだ。
今も頭痛が残る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/08

佐藤秀掲示板。

偶然にも佐藤秀掲示板というものをを見付けた。
「(株)佐藤秀」という会社がかつてあったらしい。

ブロガーの佐藤秀様と関係あるのだろうか?
微妙なネタだが、トラックバックを送ってみよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ライブドア株

ここのところ値上りが激し過ぎて、指値での買い注文は全て空振り。
資金はギリギリまで用意したのだが...。

これ以上値段が上がると危険が大きくなるので、もう買い増しでき
ない。
微妙だな...。
(上記お話は全てフィクションです。
 良い子は真似をしないように。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロケーションフリーベースステーション

ソニーのロケーションフリーベースステーション(以下LF-PK
1)とPSPを買った。
この組合せで家中どこでもテレビが実現するらしい。

設定が難しいのではないかと懸念していたが、LF-PK1の設定
は思いの他簡単だった。

むしろPSPの設定の方がよっぽど面倒だった。
特にマニュアルの出来が悪い。
あれではおもちゃとは呼べない。
読んでもすぐ分からない。
どこを引いたら良いかわからない。

あと、PSPが無線LAN対応なので、ウチのLANに直接繋がる
かと思っていたのだが、ウチのLANは11g、PSPは11bと
規格が違ったため繋げることはできなかった。

DVD録画機に接続したのだが、LF-PK1経由の画像は1テン
ポ絵や音が遅れるが気になるほどでは無い。
絵はなかなか綺麗。

世の中にはPSP用防水パックがあるようだ。
安いものではジプロックも代用防水パックとして使えるようだ。
(↑自己責任でお願いします。)

これで風呂からトイレからどこでもテレビが実現した。
余は満足じゃ。 (^^)

P.S.
次は外のホットスポットで試したいところだが、ウチはカントリー
サイドなのでどこにあるか想像つかない。 (@_@)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/05

打倒!現政権!

どうなることか静観していたが、こんな頭がおかしい人たちに政権
を任せておいてはいけない。

小泉純一郎首相が皇室典範改竄案を「今国会に提出し、成立を期す。
」と言う。
それはまだ許せる。

それに党議拘束をかけると言うのだ。
この問題は郵政民営化などの枝葉末節ではなく、国家の根幹を決め
る大事なお話。
単なる法改定ではなく、憲法改定に等しいお話なのだ。

軽々に決めるべきではない。
少なくとも国民への基本的な概念の周知徹底と国民投票、天皇家の
方々の聴き取り調査などは最低限必要だろう。

P.S.
私は「女系天皇反対。もし天皇家が成立要件をなさない場合は、自
然に日本の枠組みから外れて頂く。」という意見。

前に女系天皇反対のコメントを書いた時は、まだあまり女性天皇と
女系天皇の区別もついていなかった。
女性天皇はまだありかも?とは思うが、女系天皇には絶対反対。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/02/04

仕事のやり過ぎで...。

仕事のやり過ぎで、筋肉痛で動けない。
仕事が遅れているので、本当は今日も出勤しようと思ったが、気持
ちが萎えた。

もう、無理ポ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近会社で思うこと。

文系サラリーマンと理系サラリーマンが社内でお互い軽蔑しあって
いるような気がする。
本来お互いを尊重し合わねばならないと思うのだが、その逆に利用
し軽蔑し「この鼻糞野郎が...。」程度に感じているように思う。

私はこの壁は、互いの仕事の理解をしたくもないと思うところから
来ていると思う。
理系・文系の壁を超えたジョブローテーションはどうだろうか?

今の(ウチの)会社では、理系の世界から文系へ行く(行かされる
)人はいるが、文系の世界から理系の世界に入ってくる人はいない。
(ウチの)会社の理系村は閉じた世界なのだ。

だから、外の文系の人は理系の人を異分子として遠ざけようとする
し、理系の人は文系の人をやはり異分子として遠ざけようとする。

最近見聞きした良い例が以下だ。
<その1:ウチの会社の場合>
かつては、書記さんと呼ばれる事務の女性が部署に1人ずついた。
その方々も職場のIT化により研究補助となった。

研究補助は扱いとしては、研究員の指示で働くこととなり、そのま
までは工員さんと変わらない。
そこで彼女達は自分達の部署の仕事を外に広める広報活動をWEB
上で始めたのだ。
「やさしい技術講座」というページで非常にわかりやすいページと
なっている。

技術を理解できるまで、繰返し繰返しインタビューをして、素人の
立場からできる限り正しい記事を書く。
大変出来が良い仕事だと思う。
特に他社のセールスマンが大変技術の勉強になると感謝していた。
文系の方でも、ちゃんと技術の理解はできるのだ。

文系の人が理系の仕事をした一例。
P.S.
今の部に移った時に最初に基礎の勉強に使った。

<その2:横河電機の場合>
ウェハの上の異物の成分分析などをする装置の販売をされているセ
ールスマンの方がいた。
もともとこの装置の研究開発をしていたと言う。
あまりセールスマンとしては口はうまくなかったが、私の質問に対
しては的確にお答えを頂け、さすが元研究者と感心していた。
私はてっきり研究者としてリストラされたのだと勝手に思い込んで
いた。

ところが、最初にお会いしてから1年後くらいに、今度は「経済産
業省の研究プロジェクトに参加するので、営業から離れることにな
った。」と言う。
失礼かと思ったが、「御社は一旦研究開発から外れても、また復帰
できる道があるのか?」と思わず聞いてしまった。

その方は、「ウチの会社では、研究開発したら、それを販売もする
のです。そして販売活動を通じて新たなビジネスのネタを見付けて、
また開発に戻る。今回の異動もその一環です。」とお答えになった。

なるほど、ずっと研究開発で的外れなものを作ってしまうよりは、
はるかに合理的だ。

理系の人が文系の仕事をした一例。
P.S.
ただし、ウチの会社では今までは一度研究開発から出れば、戻るの
は不可能に近い。
なので、こうはうまく行かないだろう。
とりあえず私は文系村に行きたくない。

<私の感想>
会社の仕組みを少し変えれば、このように文系理系の壁は無くなる
のだ。
こうした壁が無い世の中に早くなると良いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会社アレルギー。

会社の実験室で体力の限界オーバに仕事をして、事務所に戻った私。
さすがに深夜なので、もう一人しか幹部社員がいない。

私はなぜかくしゃみや咳の連発で激しく苦しみながら、何とか報告
事項をメールにまとめ、帰宅しようと幹部社員に「お先に失礼しま
す。」と一声声をかける。

「ずいぶん苦しそうだったけど、大丈夫ですか?」とその幹部社員。
(声のイメージは森本レオにして下さい。)

私「会社アレルギーで。あははっ。(^^)」
幹部社員「それは、どういう症状ですか?」

私としては冗談で誤魔化してあっさり返すつもりだったのが、そん
なにまじめにきり返されると、やはりまじめに返したほうが良いの
かとまじめにきり返す。

私「日によって、会社のある場所(内容は秘密。)に居ると体調が
悪くなるのです。見られたように、くしゃみや鼻水、酷くなると咳
が止まりません。涙が出る日もあります。」
幹部社員「大丈夫?あと、君だけ?」
私「慣れっこです。会社の保健婦さんによると、シックハウスのよ
うです。今、調査中です。私は大丈夫。他に×階は○君が体調不良
を訴えてました。」
幹部社員「そうか...。わかった。ありがとう。」

納期とお金しか気にしない幹部社員が多い中、人情を感じる幹部社
員はありがたい。
こういう人のそばで働けるのは、多分幸せなことなのだろう。

↑このお話はフィクションです。
 現実のお話とはリンクしないで下さい。

P.S.
この幹部社員は多分こんなお下劣なBlogは見ないだろうが、見
られたら赤面ものだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先生、バナナはおやつですか?

昨日のお話し。
すでに人生がかかった金額をライブドアに投入し、一度は「もうお
腹いっぱい。」とマネーゲームから遠ざかった私。

でも90円を割ると、もう主食ではなくおやつ感覚。
また、食欲が沸いてきた。

更に崖っぷちにはみ出した額を投入する決意となった。
まさにLiving on the edge!

著書を読んで、堀江貴文氏のファンになった私である。
生活にギリギリのお金を残し、ライブドア1株83円指値に更に人
生がかかった額を投入。

しかし、何とみごと空振り。
売買が成立しなかったのだ。
値下り予測で、全額そちらで投入したのだが、実際は値上り。
(↑前日は85円。結局、終値は96円。)
想定外である。
(一部成行きも混ぜれば良かったか?)
後から考えてみるに、前日にフジテレビに数社の投資ファンドから
売却打診があった話が出たことから、上がることも想定しておかね
ばならなかったのかもしれない。

おそらく、来週月曜日も全力フルスィングの予定のごろーでした。

↑このお話はフィクションです。
 現実のお話とはリンクさせないで下さい。

P.S.
しかし、電話での注文は面倒だ。
いちいち、マザーズ市場は値動きが激しいだの、ライブドアは管理
ポストで上場廃止の心配があるだの、何だのかんだのって確認事項
が多く、結局売買に至るまで5分近くかかる。

人に聞かれたくないから、建物の外に出て影でこそこそ電話を掛け
ているから、なおさら手間を食っているし。

これがホームトレードが使えると、携帯のi-modeを使い、た
かだか20秒の話なのだ。
東証にはおかしな規制を撤廃して欲しい。、
もしかして、東証は売買して欲しくないのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/02

別腹。

「もう資金がないから、買えません。お腹一杯。」と言って、しば
らくライブドア株の動向を無視していた。
しかし株価が100円を割ると、また話が違い、別腹だ。
資金を無理くり調達した。

少し解説すると、
1株株主資本=184.54円
1株株主資本は純資産を株数で割ったものなので、現時点で会社を
解散した場合に1株当たり理論的にはこれだけの額が戻ってくる計
算なのだ。
もちろん不動産などは理論通りには売れない。
株価94円なので、現時点でほぼ半額バーゲンセール。
(↑これが純資産倍率で0.51倍。)

こうなってしまった原因はライブドアの幹部逮捕とそれによる上場
廃止懸念による信用不安のためだ。

現在管理ポストだが、上場廃止に関しては異論もある。


そして、もし上場廃止されても株の価値が無くなる訳ではないのだ。
粉飾決算もあるが、現在利益を出していて、内部留保が大量にある
会社が潰れる訳がない。
ちなみに1株利益が18.66円なので、94円の投資が5年ほど
でまるまる戻ってくる計算。(これが株価収益率。)
再上場の道もある。

また、幹部は逮捕されたが、新社長の平松庚三氏は会計ソフト「弥
生」社長の社長で、私も以前から注目していた人だ。
手腕は間違いないだろう。
経営不安はないと私は思う。

という訳で、私はまた買い増す。
(↑この作戦と結果の詳細はまた何ヶ月後かに。)

P.S.
老人や子供でずいぶん損をした人がいるらしい。
子供には良い勉強になっただろう。
損をしなければ分からないことは一杯ある。

老人は人生経験が足りないとしか言いようがない。
なぜずっと配当もない株を買ったりするのだ?
残りの余生をゆったり過ごすためならば、もちろん株は配当で選ぶ
べきなのだ。

P.S.^2
株の売買は自己責任で。
また、私の株の売買はあくまでフィクションです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お腹が...。

今日も実験室にこもって実験していた。
結構筋力が要る仕事なのだが、お腹に力を入れてぐっと踏ん張った
ら、急に気持ちが悪くなる。

トイレで吐いてしまった上に、お腹まで痛くなってきた。
(↑今日はおかしなものを食べた記憶がない。
  何だろう。)

明日の朝の班内打合せがあるので、結果を出そうと頑張ってみたが、
結局結果を出せずに家に帰る羽目に...。
こんなことなら、とっとと諦めて家に帰るんだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雑誌BUBKAの株研究所(かぶらぼ)記事を読んで(5)

記事の中で小飼弾様松原渓様の会話はちゃんと噛み合っているし、
特に松原渓様が勉強しているのは見て取れる。
でも、まだ何かひと味足りない気がすると思ったら、編集者の存在
感がイマイチ見えないのに気付いた。

この記事は誰向けに作っているのだろう?
私は最初は株初心者を株に導くためのガイドブックだと思っていた。
だとすると、PERやPBRの目安などをもう少し解説した方が良
いのではないか?

今回はインタビュー形式の話は噛み合っているので、こういう解説
を入れるとすると、それは編集者の仕事だと私は思う。
もちろんインタビューの内容とそぐわないように、別途対談者との
打合せも要るとは思うが...。

もちろん記事そのものは面白い。
面白いだけに、後ひと味が足りない気がするのがもったいないと思
う。

記事の情報としては、
・複式簿記の書き方。
・借金とは経済的なテコの原理のテコの役目。
・PERやPBRなどのファウンダメンタルスからスクリーニング
 せよ。
 チャートも参考になるでよ。
・取引量が多い日がチャンス。
詳しくはBUBKAを買って読んでね。

P.S.
BUBKAはエロ雑誌コーナーにあり、セロテープで袋綴じにされ
てしまっているが、相変わらずエロが薄い。
松原渓様への罰ゲームも薄いなぁ~。
せっかく濃厚なのを編集部に送っておいたのに。 (^^)

それにしても、記事の動きが遅い。
もっと買って買って、売って売りまくらないと。
何年掛けて、何倍にするつもりなんだよぅ。
このままだと、目標の山小屋は3000年後だぞ。(^^)

P.S.^2
小飼弾様のコラムの欄は良かった。
確かに信用破壊は一瞬のことだった。
ライブドアの株価も100円を切ってしまった。
まさしく諸行無常。

読者の私に小飼弾様と同じ財力があったら?
もちろん松原渓様にウン億円貸し付けて、借金のカタを楽しみに待
つ。ですな。 (^^)
ただの変態エロリーマンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/01

軟調。

ライブドア株がジリ貧で、まだ上がる気配が見えない。
もっと安くなるならそれはそれで買いたいのだが、現金が無いので
しばらく株の売買はお休み。

社長も替わったしもう充分安いので、そろそろ買いがあっても良い
ような気がするが...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

失敗した...。

理系研究者サラリーマンにもノルマがある。
特許や社内報書きだ。

今月当番の特許を今日慌てて書いたら、実はそれより実験の方が優
先だった。
ちゃんと幹部社員に確認しておけば良かった。
実験結果を元にした、今月の社内報書きは待ってくれない。
どうしよ、時間がない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »