« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/30

あの程度の証拠で逮捕なの?

木下あいり様殺人容疑で日系ペルー人ヤギカルロス容疑者が警察に
逮捕された。
現時点のマスコミ発表証拠は事件と同じコンロとガスホースを持っ
ていて、数件目撃証言があっただけでしょう?

これだけの証拠で逮捕?
自分がその立場だったら怖いね。

逮捕に到った他の証拠が何だったか大変興味があるところ。

P.S.
外国人差別につながらないことをキボンヌ...。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/29

お金って何だろう?

最近株の値上がりが激しく、大失敗(某太陽電池の会社)があった
にもかかわらず、何とかぎりぎりプラスの収支になった(ようだ)。
株も飽きたしもうギャンブルは良いや、と思い、全部換金しようか
と考える。

ふと、今「オイル高」「株高」「円安」だ。
もしかして、株高ではなく円安なのではないか?
円にすると言うのもかなりのリスクなのではないかと感じ始めた。

そもそもお金って何だろう。
今の紙幣はただの日本銀行券という日本銀行がその価値を保証する
単なる紙切れだ。

だんだん、自分が持っている筈の銀行預金も、住宅ローンなどの借
金も全部ただの記号としか思えなくなってきた。
だって、預金総額に相当するお金って見たことないもの。

あと何千年生きられるかわからないけど、思いきり借金しまくって、
お金を使いまくるっていうのが、正しいお金の使い方かも。

P.S.
やっぱ、株を売るの止めた。
日本の政府と日本の企業のどちらが信用できるかって言ったら、当
然企業の方。
日本政府がいつデフォって言うかわからないものなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/26

このムラッ気は何とかならないものか...。

今ですら期限に遅れている設計。
このまま暦どおり休んでいると、多分関係者全員で八つ裂きにされ
てしまう。
仕方なく休日だが、仕事に行くことにした

かなり嫌々で、本当は午前の用事が終わったら、すぐ会社に行こう
と思っていたが、実際はグズグズマインスイーパなどをやって時間
を潰してしまい、出社したのは午後の遅い時間。

なぜか休日なのに人がうじゃっといる。
人がいない静かな環境で仕事ができると思っていたので、正直がっ
かり。

仕事にかかるが、全然仕事の効率が上がらない。
やる気がおきないのだ。

やる気がおきない理由の大半は、
キーエンスが購入する顕微鏡の電子図面をくれないので、自分で
 資料を見ながら、一から図面を起こさねばならない。
 (↑図面上の動作チェック、干渉チェック、報告書などにどうし
   ても必要。
   なのに、彼らは図面をくれない。)

 Newportも一部の光学部品の図面をくれない。
 1部品の図面を起こすのに、1時間弱ほど時間を使うのに。
 高いものを買うんだから、それぐらいくれよ。
 頭にくる。
駿河精機とか図面をちゃんとHP上に準備してくれている会社も
 ある。
 ダウンロードして図面を自社形式に変換するのにたかだか20分
 前後の単純作業だ。
 でも、今回は多軸制御で量が多いので、やる気がおきない。
 (↑ダウンロードした図面だけで、現時点で10数枚。)

やる気が起きないまま、ずるずる夜になってしまった。
そして皆が帰ってしまい、一人になると急に集中でき始めた。
急に作業が楽しくなってきてしまったのだ。
図面の変換も結構良い方法を思いつき、効率も上がる。
気が付くと夜中で、結構仕事も進んでいる。
右肩が上がらないほど、作業していた。

P.S.
うちの会社のCADはマウス操作が多いんだよな。
昔のCADシステムは左手でのショートカットキーがあったけど、
あれを是非復活させて欲しい。
量が多いときは、全然作業効率が違うんだよね

P.S.^2
やる気が起きたら多分人並みには効率はあるけど、やる気が起きな
いときは人の半分以下の効率だものなぁ。
さらに残念なことに滅多にやる気が出ないし。
このムラッ気は何とかならないものか...。
俺って本当に駄目男...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/25

自分の大きさに合った仕事ってあるんですね。

今まで寸法にして数μmから数十mm、重さにして数mgから数十
gまでの、主にメカ(機械)ものの設計をやってきた。

会社はリストラ後でメカ屋(機械設計者)がほとんどおらず、私に
も寸法にしてメートルクラス、重さにしてトンクラスの仕事が回っ
てくる。

仕事が回ってきたときには、「メートル?トンだ?楽勝っすよ。ほ
とんど頭を使うところがないじゃないですか。」と吹いていた。

ところが、実は今まであまり考えずにすんでいたことを、いろいろ
検討しなければいけなかったのだ。
重さによるたわみやこじれ、部品の倒れなどだ。
あるいは要求するような大きな動きや耐加重がある部品がなく、自
分で設計しなければならなかったりする。

期限から仕事がずるずる遅れ始めて、上司が「何か困っているのか
?」と心配されても、長州力の真似をする長州小力の真似をして、
「困っていないっすよ。俺を困らせたらたいしたもんですよ。」な
んてふざけていた。

最近もふざけてみせるが、私も目が血走っているし、上司にも余裕
がない。
いかん。
本当は「ごめんなさい。助けて。」と言いたいところだが、私にも
意地がある。
最後まで弱音は吐かずやり抜くつもりだ。

P.S.
小物ができれば大物は楽勝と思っていたけど、大物は大物で難しい
のね。
かつて「宇宙戦艦大和」と呼ばれたデカブツメカを設計したS先輩、
前から尊敬してましたけど、今はもっと尊敬してます。
だから今度、いろいろ教えてね。はーとまーく。

あぁ、疲れた。
実はこの土日が勝負の日々だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/21

今日は激ネム...。

今日は体調が何かおかしい。
昼間は激ネム。
そして寒気がする。

仕事は山盛りだが、我慢しきれず放棄して帰った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瀬川様、プロ棋士試験(将棋)合格おめでとうございます。

憲法22条1項
「何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の
自由を有する。」と定められている。

たいがいの職業は親権から離れて成年になった20歳から目指すこ
とも可能だ。
医者でさえも可能だろう。
能力があればの話だが。

しかしながら、成人してから将棋のプロ棋士になるのは極端に難し
い。
通常プロ棋士になるためには、奨励会と呼ばれるプロ棋士養成機関
に子供の内に入り、そこを高い勝率で勝ちあがらねばならない。

20歳を過ぎてから、奨励会にもし入るとすると、アマ全国大会の
決勝に進出しなければならない。
しかも23歳までに奨励会初段試験に合格して、26歳までに四段
に昇段しなければならない。
ほとんど毎年の昇段が必要で、これはほとんど不可能と思われる。

今回、瀬川晶司様と言う奨励会から四段に上がりきれず、プロにな
れなかった人が特例でプロ試験を受けて、合格してフリークラス四
段プロとなった。(35歳の春ですね。)
しかも、プロと戦って3勝2敗の高成績である。
アマとなってしまってからも研鑚を怠らなかったのあろう。

今後フリークラスから是非順位戦に成り上がって欲しい。
(↑フリークラスとは相撲で言ったら十両って感じですかね。
  通常の順位戦プロからは少し格が低く見られる。
  フリークラスでも勝率などの一定条件を満たせば、順位戦に格
  上げ可能。)

P.S.
私の弟は中学の頃将棋のプロを目指したがったが、親の強い反対に
あい、結局諦めた。
その後目標を失ったようで、あまり楽しそうには生きていない。
恐ろしく強かったのは確かだが、挑戦する権利も得なかったのは可
哀想だったと思う。

P.S.^2
今後は明文化された奨励会以外のプロ入りルートをしっかり作るべ
きだと思う。
例えば碁の日本棋院は25歳未満ならプロ試験の受験が可能だ。
(↑と思っていたら、22歳未満にいつの間にか改悪されていた。)
将棋の普及のためにも、プロ入りの道の多様化は必須だと思う。

(補足:11/22記)
書き方が悪かったような気がする。
読み方によってはお情けでプロにさせてもらったように読める可能
性がある。
事実は全く逆で、普通のプロ以上に強かったので、ルールを変えて
までプロとして採用せざるを得なかったのだ。
この方は朝日プロアマオープンとかで、プロをビシバシ破っている。

つまりこの方をアマのままにしておくと、プロの威厳が丸つぶれな
のだ。
一応補足まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/20

男女共同参画社会を謳うなら。

男女共同参画社会を謳うなら、是非男がもっと生きやすい世の中に
して欲しい。
多分女性の人は気付いていないだろうが、世の中の家事をする道具
は全て少し小さな女性向けなのだ。
男が積極的に家事に参加しないのも、道具が合っていないから。

私は趣味として料理もする。
しかし、私が台所に立つときは、悲惨だ。
皿洗いなどは全く背丈が合わず、何と跪いてやっているのだ。
(↑私は身長186cm。
  普通よりちょっと高い程度。)

男女共同参画社会を言うなら、まず家電や台所から改めて欲しい。
これを改めるために、政府から補助金や優遇策がもし出たら、自民
党マンセーなのだ。

P.S.
世の男性は道具が合っていないことを理由に家事を断っても良いと
思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体中、筋肉痛...。

実は第三土曜日は地区の資源ゴミ回収の日。
溜まりに溜まったダンボール3束、雑誌20束を出した。

朝からの重労働で(今日も)筋肉痛が酷い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嫌米。

前からアメリカが嫌いだったが、最近ますます嫌いになっている。
イラク紛争では全面的にアメリカに協力して、少しはアメリカにも
感謝されているのかと思いきや、今度は危険なアメリカ牛を買わな
ければ対日報復関税だと言う。

昔から日本はアメリカのポチだと言われたが、もはや犬以下。
こんな変態的政府には、もうついていけませんポ。

P.S.
かと言って、軸足の定まらない民主党には投票したくない。
また、選挙では悩ましくなりそうだ。

P.S.^2
オージービーフと米国産牛の違いは分かりそうな気がするが、国産
牛と米国産牛は区別がつかないような気がする。
スーパで米国産牛をつかまされないようにするためにはどうしたら
良いだろう。 (@_@)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/16

mixiで友達に見つかる。

意外と世間は狭いものだ。
高校の時の悪友にmixiで見つかってしまう。
(↑今鍼灸師のセンセイらしい。)

奴とは、また飲みにでも行くか。
四の字固めの決着もついていないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/15

ADSL。

ずっとフレッツISDN+@niftyを使っていた。
一番安いと信じていたのだが、いつの間にかADSLの方が安くな
っていたので、そちらに乗り換えることにした。
(↑割引がいろいろついて、よりお得感が増した。)

今日からADSLだ。
いろいろ標準と設定が違うので、セッティングだけで4時間もかか
ってしまった。
まあ、こういう作業も好きな方なので、悪くは無い。

しかし10倍以上速度が違うはずが、そこまでの違いを感じない。
あとでチェックしてみるか...。

ふぅ、疲れました...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/13

皆、なぜ小さい政府が良いのだろうか...。

小泉自民党が選挙で大勝し、郵政民営化法案が成立した。
自民党の対抗馬である民主党は前原氏を党首とした。
前原党首は「小さな政府」がお好きなようだ。

小泉自民党も見せ掛けだけだが、小さな政府作りのふりをしている。
なんでみんな小さな政府が良いのだろうか?

多分、今の政府が払った税金の割に働きが悪いため、支払いを抑え
ようという算段なのだろう。
それは読み方としては浅過ぎで、今後は小さな政府のふりをして何
もしてくれない政府になって行くのが見え見えだ。
間違いなく、サービスだけが悪くなるのだ。

例えば、急に気分が悪くなって救急車を呼んだら、「はい、5万円
。カードか現金で。」とか。
破産状態となり生活できなくなっても、「自己責任ですから。飢え
死にしても知りません。」とか。

要は払ったお金に見合うサービスなら、私は税金をたくさん払って
も良い。
小さな政府ではなく、まず政府の無駄使いを抑えることと借金を減
らすことが大事だろう。
働かない人をクビにし、良く働く人に給料を出す勤務査定や論功行
賞も重要だろう。
今の政府にはそのシステムがないので、そこに民間活力を入れるこ
とが重要だと思う。

P.S.
私は北欧型の大きな政府が理想と思っている。
という訳で、私は民主党にはガックリ...。
------------------------------
余談。

父は公立大学の教授をしていた。
夏休みに、大学に私がお弁当を届けに行った。
私が中学生くらいの時だったと思う。

ちょうど父と構内で出会った時に、もうすぐ定年くらいの年の掃除
夫さんが掃除をしていた。
それもちゃんと仕事をしている風ではなく、モップで丸く掃いてい
るといった仕事振りだった。

掃除夫のおじさんと軽く挨拶を交わした後、父が「あの人と僕とど
っちの給料が高いと思う?」と聞いてきた。
若い私は当然「(大学の先生の)親父でしょ?」というと、父は「
違うんだ。公務員は年功序列なんで、あのおじさんの方がはるかに
給料が高いんだ。掃除なんて民間に任せた方が安くて良いに決まっ
ている。」と掃き捨てるように言った。
25年くらい前の話なので、今は少しは改善されているだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

(オタクの)神様とのつながり

今日からmixiを始めた。
本当は別にmixiをやりたかった訳ではなく、凄いカウンター
よると最近mixiから来るお客様が多い。
しかし、こちらからは相手も内容も確認出来ないのが悔しかった。

最近あるmixiIDの日記からコンスタントにお客様がやってく
る。
これが誰かの日記かずっと気になっていた

今日mixiに潜入して、ネチネチと調べているとやっとわかった。
えぇえぇ!? (@_@)
岡田斗司夫」様だ。
間違いない。
ということは「才能マップ」の時のだろう。

(オタクの)神様が私の日記を見て、何か書いて下さったとは感激
だ。
神様だから書かれた中身は全く気にしない。(^^)
感激で今日は眠れません。(多分)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サラリーマンは気楽な稼業。

ここのところ毎日のように飲み会が続いている。
今日は、元会社の先輩のPさん(←男だが、Pは旧姓。今はSかな
?)と飲んだ。(JAVAな人、急募の人です。)
(↑私のコンピュータの師匠です。)

昔話とか今の現状とか将来の話とか、いろいろな話をした。
今はかなり良い羽振りのようで、私にも独立への勧めを説かれる。

・実力は自分もごろーもそれほど変わらない。
 今ごろーが自分の趣味でやっているようなLAN敷設とか、HP
 製作程度でも充分それなりにお金になる。
・自分の手に負えないような高い技術的なことでも、今の会社の同
 僚に相談すると何とかなるだろう。
・自分も独立した時はまさかPC関連で食えるようになるとは思わ
 なかった。
 会社在籍時のPさんの師匠のFさんや、Pさんの同期のソフトウ
 ェア部門の研究職P氏のように我々のレベルから見て、飛びぬけ
 た人が実力の人が周りに居るせいで自分の実力を過小評価し勝ち。

なるほど。

しかしながら、最悪でも2ヶ月先のそれなりの給料を保証されてい
る今の飼い犬生活を捨てて、野良になることは自分には無理。
どんなに馬鹿にされても、犬と呼ばれても、保障がある生活からは
なかなか逃げ出せない。

どんなに噛み犬でも、私は会社の犬だ。
間違いない。

P.S.
実はこの話とは別件で、理系人間には堪えられない条件で誘われて
思わずある中企業に行きそうになったことがある。
「年俸は現状より若干下がるが、研究費は基本的にはノーリミット
。←社長決済のみ。君はわが社の技術No.2だ。」
かなりグラグラきた。
3日くらい寝ずに考えた。

でも、行けなかった。
やはり子会社とは言え、大企業の傘の下に居るのはいろんな意味で
絶対に楽。
大借金王の私でも、更に簡単に住宅ローンが借りれるのはやはり大
企業(の子会社)の社員だから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/11

女性天皇、反対の賛成の反対の反対なのだ~。

天皇制とは天皇陛下の人権を無視した上に成り立つ無理に無理を重
ねた制度だ。
良い加減、日本人も天皇制から天皇家を解放してさしあげた方が良
いと思う。

「皇室典範に関する有識者会議」
という一家に全く関係無い人達の
意見が優先され、親族の三笠宮寛仁様の意見はなぜか通らない。

私の意見はこうだ。
・現在の皇室典範通り、男系の直系子孫のみ天皇を継ぐことが可能。
・男子が産まれなければ、天皇制を諦める。
 宮家の人の希望者から天皇代行を選挙で選ぶ。
 もちろん、男子のみ。
・その間に、憲法を含めた法体系を全て見直し、国事行為に天皇が
 必ずしも必要が無いよう制度を変更できるようにする。
・時期が来たら、天皇制そのものを廃止。

理由は、
・現行皇室典範には歴史と宗教行事上の意味がある。
 そのため、男系の維持は必要不可欠。
 維持が無理になったら諦めるのが正しい道だろう。
 女帝論は以ての外。
・天皇制は天皇家の人には負担となっていると思われる。
 我々は天皇家の犠牲に甘えてはいけない。

これは、けっして男尊女卑ではありません。
逆差別の法体系に組みこまれた人の解放です。

本当は天皇家の中の人からの声を聞きたいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (15)

2005/11/10

敢えて暴力息子の汚名を着て。

最近、子の親殺し、または未遂事件が多い。
しかしながら、東京都管理人夫婦殺害の子供には何となく共感でき
る部分もある。
まだ間に合う人にはこんな選択肢もあるのだと、ちょっと思い直し
て欲しい。
不幸な事件も少し減るかも知れない。

------------------------------
私の父はとてつもなく厳しい人だった。
叱る時の口癖は、「子供は動物と同じ。殴らなければわからない。」

私が幼児の頃は、殴られ過ぎて若干おかしくなっていたらしい。
母親が、児童相談所に「この子殴られ過ぎて、耳がおかしくなった
か、知恵遅れになったみたいなんですけど。」と相談に行ったほど
だ。
どうやら神経性の難聴ということで、片が付いた。
一応小学校は普通学級に進学でき、その事件から父親も教育に口を
出さなくなった。

中学高校と進むうちに、私は劣等生となり、父も母に「お前の教育
がなっていないから、あんな馬鹿に育った。」となじるようになっ
た。
いわゆる反抗期で、誰にでもあることだ。
無い方がおかしいと思う。

そして、父の私への激しい暴力指導が始まった。
父は普段は良い人なのだが、一度怒り出すと切れてしまい、すぐ物
で殴ったり、限度を超えた殴り方をする。
お酒を飲んでいる時は危険だった。
特に理由がない理不尽な怒られ方の時もあった。
曰く、「親を見る目つきが、気に食わない。」とか。

高校2年の頃の話である。(十七歳の地図ですね。)
言われない暴力に嫌気がさしていた私は、ある時父に殴られながら
家の柱の前に少しずつ移動して行き、最後ひょいと拳を避けた。
結果、父は柱に殴り、手の甲を激しく痛めたようだ。
(↑どうやら亀裂骨折したらしい。)

後で「敢えて痛めることを狙って行動したことを謝り」、その上で
冷静に「父の理不尽さを追及した」。

その後、父と私はギクシャクしながらも和解し、その先やっと大人
の良い関係になったと思う。
それまで、一方的に父から私への押し付けだけだった。
------------------------------

ここで言えることは
・一方的に殴る側は、殴られる痛みを知らない。
・一方的に押し付けることは正常な関係では無く、お互い不幸だ。
 何とか会話ができる関係を作るべきだ。

暴力は避けるべきだが、相手の無茶が言っても止まらない場合は考
えても良い手段だろう。
もちろん必要最小限で充分で、平手打ちでも何でも跡が残らないこ
とが望ましい。

私のやり方は、今は、やり過ぎだったかも?とも思っている。

P.S.
今は亡き父を偲びながら。

今、更に良く思い出しながら考えると、父も最初は言葉で叱ろうと
していたと思う。
今考えると、父の言葉はどれも深く重い。
(教育者として立派でした。大学の先生です。)
しかし、父の言葉は当時の幼過ぎる私には届かなかった。

父も、馬鹿な相手に合わせたもう少しうまい話し方もあっただろう
と思う。
言っても言うことを聞かない子供がいる場合は、自分の話し方がう
まく相手に届いているか考え直した方が良い。
言っていることがいかに正しくとも、伝わらなければ意味が無いか
らだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/08

英語を勉強しなくっちゃ...。

昨日はアメリカの測定機メーカの製品プレゼンテーションに参加し
た。
質問したいことがあり2~3は質問出来たが、その先に更に一歩踏
込んだ質問が出来ない。
英会話の難しい単語力が全く不足しているのだ。
悲しいのう。
さて、単語力をどうやって増やそうか...。

P.S.
昔、会社での英会話教室にも参加していて、なぜか上級を修了した
ことになっている。
しかしながら、本当の実力は初級止まり。
進級出来た理由は、講師の先生に気に入られてから。
授業料が会社から2/3補助が出ていたので、落第すると理由を申
請しなければいけないなど困ったことになる。
「君は発音も単語力も全然レベルに達していないけど、面白いから
まあいいや。今後頑張りなさい。」と講師には言われていた。
でも、レベルが低いのには目をつぶって進級させてもらっていた。

上級を終わってしまったために、制度上もう会社の英会話教室には
通えないのだ。

P.S.^2
国際学会で一度発表したが、その時はこうした。
・台詞を完璧に覚えた。
・想定質問と答えを入念に準備しておき、質問が出た時は一番近そ
 うな答えを堂々と答えた。
 どうやら質問と答えが違っていたようだが、違う答えを順番に答
 えた。
 その内に時間切れとなる。
英語が出来ないのを今まではこうやって誤魔化してました。
皆様ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/06

雑誌BUBKAの株研究所(かぶらぼ)記事を読んで(2)

格調高い先月の記事と比べると、今月は内容が少し薄いような気が
する。
もちろん面白かったが、何でだろう。
    ^^^^^
小飼弾様の意見だけがすんなり出て、反論も反証もないからだろう
か。
それとも、実際の世の中の動きと対比が少なかったからだろうか。
松原渓様の合いの手(愛の手?)がもっと欲しいところ。

なるほどと思ったのが、「金利を下げるということは、株価を押し
上げるのと同じ効果がある。」ということ。
何となくそんな気がしていたが、これの解説はわかりやすかった。

「理論株価」※1と「村上ファンド」※2の話は現実とリンクして
いない気がするが、これも来月以降に詳細な話が出ることを期待。

※1
楽天のように純資産が少なくて、有利子負債もあり、赤字の会社な
のに、株価が高い会社をどう解釈するべきか?

※2
村上ファンドはファンド自身の動きが社会現象となり、株価を動か
しているように思う。
もちろん村上世彰様は「不当に株価が安い会社」を探しているのだ
ろうが...。

感想としては、対談形式なので話がばらけるのは仕方が無いと思う。
先月がまとまり過ぎていたのかも知れない。
でも、テーマが絞られていた方がもっと面白かったと思う。
松原渓様の口座開設の話だけでも面白かったのではないかと思う。

始まったばかりなので、今は成り行きを見て行きたい。
この先が楽しみ。

P.S.
「会社は株主のもの」っていうのは、最近本当かな?と思っている。
株主は金主なので、逆らう訳には行かない。
株数1/3以上で、取締役を送りこむこともできる。
過半数を取れば、会社の事業方針決定に関して反対することもでき
る。
でも、会社は会社(という法人)のもの。って考えは間違いですか?
そうでないと、儲けが少ない会社や純資産が多い会社は、会社の事
業存続の意思に反して、すぐに株主に解体されてしまいそうな気が
する。

P.S.^2
他には「お笑い芸人残酷物語」の記事が面白かった。
「かぶらぼ」はBUBKAの中では一番面白いので、増ページ希望。
(^^)

どうすれば良いのかな?
読プレにでも応募してみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

恥ずかしながら...。

PCハード系技術者でありながら、以下の用語がイマイチよくわか
っていない。
・ポッドキャスティング
  ホームページから音声ファイル入りを発信すること?
  なのかなぁ~。
  昔からあるような気がするけど。
  なぜPodなのだろう?
・RSSフィード
  RSSリーダはニュースサイトのヘッドラインだけ見せてくれ
  るものだと思っている。
  その仕掛けがRSSフィードって奴なのかな?

何を今更。
う~~~ん。(@_@)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここのところ...。

親戚の叔母さんからの「見合いしろ!」圧力が強い。
もう面倒臭いのだが、どうやって撃退しようか。

下手したらホモ疑惑とか、おかしな疑いを向けられるし。
みんな、どうやって逃げているんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/01

mixi?

むーん?
スゴいカウンタによると、本日はmixiから5名様もお越しだ。

mixiなんてやっている友達はいないと思っていたが...。
5名様とはいえ気になる...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

才能マップ

「爆笑問題のススメ」を録画で見た。
岡田斗司夫様(評論家)が出ていた。
評論家と言うより、新世紀エヴァンゲリオンで有名なGAINAX
の元社長様と言った方が分かりやすいかも。

その岡田様はクリエータとしての才能をチェックするのに、「才能
マップ」を作るという。
(↑大阪芸大で教鞭を取ってられるそうで、授業にも使っているそ
  うな。)

例えば、岡田様の才能マップは以下のようなもの。
    分かる      |  分からない
-------------+----------------
模型 本 映画 漫画   |スポーツ見物 キャバクラ
お笑い 肉 儲け話    |音楽(特に男性ボーカル お酒
             |魚 萌え ギャンブル

要は自分で「得意な物とか、良く理解できる物」を分かるに分類、
「苦手な物とか良く分からない物」を分からないに分類する。

そして、分かるものの中で組合せて、クリエータになる。
岡田様によると「例えば、食べ物屋をやるとして、私は肉の良し悪
しは分かるけど、お酒は良く分からないので、ソムリエを雇うとか。
魚はなるべく置かないとか。」「スポーツ観戦には興味がない。模
型の話は良くわかるけど。」と言う。(↑メモを元にした再構成な
ので、表現などは正確さに欠けます。)
分かること、興味があることを突き詰めてやるのが良いらしい。
「好きこそ物の上手なれ。」と言うことだろう。

私も才能マップを作ってみた。
    分かる      |  分からない
-------------+----------------
PCハード ギャンブル  |ビジネス文書 場の空気を読む
漫画 読書 グルメ 歌  |ファッション 片付け 掃除
お笑い DIY 超科学  |物を覚える 人と争う

今の仕事は天職に近いのか?
それともPCハードと漫画の融合などを考えた方が良いのか?
考えるだけで、結構楽しかった。

P.S.
岡田様によると、別にそれでプロとして食えなくても良くて、それ
を「プチクリ」と言うそうな。
(↑近日中に「プチクリ」という本を出されるそうです。
  買おうかな?)
また、才能は有り過ぎると、人の言うことを聞かず、ちょうど良い
量があるそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »